Wednesday, 8 May 2019

Monkeys and cheese plants at the Canbury Arms Kingston - pub mural project



Do you remember I said I wanted to do more collaboration works this year? So this is the second collaboration project I did this year with my friend and an illustrator Tabitha Macbeth. 😊It's just that I took a long time to write about it...

So back in Feb/March, Tabitha approached me if I wanted to collaborate on a pub mural project.  - I said Yes! It was around the time I was thinking I wanted to work on a larger scale canvas as well, so all of those coincided together I was working an a massive wall at the Canbury Arms pub in Kingston-upon-Thames.

We were given the Tropical foliage(esp. Cheese plant) brief to match the pub's blinds and wall papers. Tabitha had an idea of including the monkeys and we started working on the final design for the wall. 
Here are snapshots of the final painting and its process.

We were initially worried that, as we both have completely different illustration styles the final image might not look coherent, but we were glad with how it turned out.

Thank you very much Tab and the Canbury Arms pub for taking me on board!


今年の抱負に、「もっとコラボレーションがしたい」とブログで書いたのお覚えていますでしょうか?2月から企画を始めて、3月に取り掛かったプロジェクトのブログを今更ですが書かせていただきます。
Tabitha Macbethとは美大時代からの友人で、彼女もイラストレーションを描いています。2月に彼女に声をかけられてから、3月にオープンするキングストンにあるパブの壁画をコラボレーションしながら描かせていただきました。その頃ちょうど、もっと大きなキャンバスに絵を描きたいなぁとか、外に出て誰かと一緒にお仕事がしたいと思っていた時だったので、偶然が重なり、今年に入って2つ目のコラボプロジェクトをすることとなりました。

絵のテーマは、パブの窓にかけられるブラインドや、複数の部屋に貼られた、ジャングル・お猿さんの壁紙のテーマに合わせ、トロピカル植物にしてほしいとのことでした。
プロジェクト始めは、私たちのイラストのスタイルが極端に違うため最後の絵が一体化して見えるかなど色々と不安はあったのですが、完成してみるとそんなに違いはみられず、私たちも出来上がりに満足しています。もちろん、一体化にあったって色々とアイディアを練ったり工夫もしました。普段家の一室をスタジオにして絵を描いているので、久々に「仕事場に通う」形でのお仕事もできて楽しかったです。

The Canbury Arms パブの皆様、タビーにも感謝しております。
以下は、実際パブで作業した際の写真です。(なぜか写真だと壁はそこまで大きく写らないのですが、けっこう大きくて、ハシゴに乗っても上を塗るのが大変でした 笑)




   



                  

                  




www.nozomiinoue.com

Tuesday, 26 March 2019

The Refuge Tree project

I remember it was few days after I've written here or on my Instagram post that I wanted to do more collaboration work this year. I got message from Kate Slater about this exciting collaboration project. Kate and I have studied together at university and she is also an illustrator.
Kate has been running the London marathon for the Refuge charity. Every year she raises money for the Refuge who gives supports to those who suffer from domestic violence and abuse. 
The Refuge Tree project (click this link to Kate's blog for more info on the project) - Kate made a huge paper collage tree and cut them up into A6 sized postcards and sent them to 95 female illustrators. Each and individual illustrators were asked to illustrate anything on the card as long as some part of the tree was visible. These cards were then sent back to Kate and the tree was exhibited in the window of London Review Bookshop from 1st March till 18th March 2019 . The cards were auctioned on the International Women's day and the money raised were donated to the Refuge charity.

美大生時代のクラスメイトでイラストレーターのKate Slaterから連絡が来たのは、私が今年の抱負で、「コラボレーションをもっとしたい」といってから間も無くでした。
ケイトは毎年、慈善団体Refugeの義援金を集めるために、ロンドンマラソンを走っています。(RefugeはDVの被害を受けている女性や子供たちをサポートする団体です。近年では被害にあっている男性も少くないのだとか。)もう数年走っているのだけど、ここ何年かイラストレーションを義援金集めに繋げられないかと思っていたらしく、去年から温めていたコラボレーションプロジェクトに参加しないかと声をかけてもらいました。
Here is my bare tree I received from Kate. The cute giraffe card in the background is by Kate.

「Refuge Tree」プロジェクトでは、ケイトが事前にコラージュで作った大きな木をA6サイズに切り取って、95人の女性イラストレーターに送りました。これをそれぞれのイラストレーターが好きなテーマでイラストに仕上げ、彼女にまたそれを送ります。

This is what I've done with my bit of the tree.

私はこんな感じでポストカードにイラストを描いてみました。女の子でも大きく夢を持って欲しいという願いを込めて。

All the returned postcards were then put together back into the tree and Kate had put an exhibition in the window of London Review Bookshop! Here are photos of the beautiful completed tree. 
It was amazing how different each artist's take on the open brief was and I just loved that my illustration was a part of a huge ray of amazing illustrators! Illustrators usually work on their own ( I do most of the time) and I really felt we were working for one goal together. The auction for the artworks were held on International Women's day and it has raised over £4,000 for the Refuge.  

以下は、ロンドンの本屋さん、London Review Bookshopのウィンドウにて展示された96枚(ケイトも含めた)のポストカードが完成された木となっている写真です。みんなそれぞれのアイディアとスタイルで仕上げてあってとても素敵で、多くのイラストレーターの中の一人として参加できたことが感慨深いです。これらの作品は3月8日(インターナショナル・ウーマンズ・デイ)にオークションにかけられ、4千ポンド以上もの売り上げを義援金としてRefugeに寄付しました。



Tall and proud tree in the window of London Review Bookshop.






www.nozomiinoue.com

Tuesday, 29 January 2019

Hello 2019!

Beautiful view of Mt. Fuji from Owakudani , Hakone.


My husband and I spent 12 months in Japan in 2018 as I wanted to show him Japan throughout the changing seasons and I also wanted to spend more time closer to my family. I left Japan when I was 15 and since then I never really lived in Japan. I will be posting some of our adventures in Japan every now and then.

So now we are back here in the UK (came back at the end of November), welcomed by something I had forgotten about! -  the dark and early sunset and wet London. Yes, we didn't come back to the best of its season. Now in January we are properly settled back.

I would like to make 2019 a fresh start and maybe trying something new. I will definitely be doing more self-promotions and spend more time into my online shop, coming up with new items.
I would also like to do some collaborations with friends - I have many talented friends in my industry and other industries so it would be nice to do something together. Anybody interested? Let me know!


2018å¹´11月末までの12ヶ月間、旦那さんと日本へ短期移住をしておりました。1年を通して日本の四季を見せてあげたかったのと、私も15歳から幸い留学をさせてもらい家族の近くで過ごせる時間が少なかったため、日本で思い切り家族 と共に時間を過ごし、「生活」してみようと踏み切った12ヶ月でした。去年はブログを書ききれなかったため、またちょこちょこと私たちの日本での経験も書いていく予定です。

さて、昨年の11月末にイギリスに戻り、忘れかけていたイギリスの暗くて日暮れの早い、雨が降る季節に迎えられ、((笑)もしかしたら一番悪い時期に帰ってきたのかも!)1月になりだいぶ落ち着いてきた感じです。

2019年はなんだか新しいことに挑戦してみようと思っています。自分からの売り込みをするのはもちろんのこと、ショップにももっと時間を 注いで、新しい商品も作っていきたいと思っています。そして、イラストや他の分野でも活躍している友人が多いため、コラボレーションなどもしていきたいなと思っています。2月にコラボを一つする予定なのでまたお知らせします。

www.nozomiinoue.com

Friday, 1 June 2018

Hawaii Style magazine


もう6月に突入してしまいました。信じられないぐらい時が経つのが早いです。4月、5月と少し忙しくしていたのでこのアップが遅くなりましたが、4月にお仕事をさせていただいた、エイ出版社から発売のムック本「ハワイスタイル 53号」にて、ハワイ伝統食7点のイラストを描かせていただきました。実は食べ物のイラストは自作のカレンダーやオリジナルで描いてはいたものの、お仕事で描くのはこれが初でした。過去に描きためた食べ物のイラストを見ていただき、ご依頼をくださったと聞いたときは嬉しかったです。好きなものはやはり描いていれば、どこかでご縁があるのかなと思えた瞬間でした。

ハワイの食べ物の資料がどちらかというとベージュ・茶系だったので、明るいイラストにして欲しいというご要望があり、器やカトラリーを工夫し、色味をふやして描いたイラスト達です。それにしても、ハワイのスイーツ、見た目からでは味が想像できないので、一度訪れた際には食べてみたいです。タロイモからできたポイとお豆腐みたいな見た目のココナッツのハウピア、気になります。




Wow, it's the 1st of June already! Time flies!! I have been rather busy with various things so this post is a bit of a late update about the job I have done in April. I have illustrated 7 Hawaiian traditional foods for Hawaii Style magazine issue no.53, published from Ei publishing in Japan. Before this I had never been commissioned to do food illustration so it was amazing when the client told me that she saw my food illustrations I have done for my personal work and commissioned me. I should keep illustrating what I like. 
I have never been to Hawai so some of the food is hard to imagine what it would taste like. I really want to try Poi - sweet dish made from taro, and Haupia- another sweet dish made with coconut but looks life tofu. Some slow cooked food looked amazing too. 

The reference photos I received showed food in polystyrene containers and were mostly monotone ( beige and brown) so the client has asked me to brighten the illustration. I have decided to use colourful plates and crockery to add some colour.    






www.nozomiinoue.com

Friday, 2 March 2018

March feeling

もう3月になってしまい、日本に来てから3ヶ月ほどが経ちました。(English to follow.)
その間に、私が日本に居なかった間にできなかったことへいくつか挑戦や経験をし、また日本に来たからこそできたことがいくつかありました。

社会人になってから日本に「住む」ことがなかったので、今回の1年間の滞在は本当に大きな決断でした。どちらかというとワクワクよりも不安の多い決断だったのです。

お部屋探しをしたり、印鑑を作ったり、添え状や職務経歴書を書いたり。まさに、日本で住んでいたなら経験したであろうことをこの3ヶ月で一気に体験しました。「あー、このまま何も知らずに生活してたらやばいな」ってことがたくさんで、すんなりと日本に帰って来たことですっぽりと日本の生活に馴染めるかな、なんて思ったりもしていましたが、想像していたよりきつくて、大変です。うらしまのぞみは世間に置いていかれてしまった気がします。(笑)今はそのギャップと、自分の中にある日本の常識などの照らし合わせを日々しているような感覚です。

その他、お仕事には繋がりませんでしたが、日本に来たことでお会いできたクライアント様と企画制作などもさせていただき、良い機会が頂けたと思っております。またいつかご一緒にお仕事ができることを願っております。

さて、2018年に販売する予定で作っていたカレンダー、数人の方にはお渡しすることができたのですが、残りは日本へ来る前にWest elmで販売するために買い取っていただいたために、私のショップで販売ができず、多くの方の目に触れる機会がなかったので、こちらでご紹介させていただきたいと思います。







今回のテーマは、私が好きなロンドンの風景です。家から近い公園や街も描いていて、イギリスに訪れた際はぜひ足を運んでもらいたいお薦めの場所を12箇所セレクトしました。

最後に、今年は日本で何かしらの形で作品をお見せできる展示をしてみたいです。

My gosh, it's March already. It has been about 3 months since my husband and I moved to Japan.

Within those 3 months I have experienced many stuff that I would have done in years if I had lived in Japan. I have never "lived" in Japan after uni, so for me, coming over here was a more scary decision than an exciting one. 

We looked for a room to rent in Tokyo, (but we decided to stay close to my parents since living in Tokyo was an expensive option and we liked the mountains around here. Though finding a room was difficult as my husband is non-Japanese and some landlords are sceptical of foreigners, and my job is freelance and I would be the one signing the contract. They wouldn’t like this either. We hadn't gone further with this so we might have got a place but we don't know..) I also made an inkan - which is a Japanese seal that acts as a signature in western country. I have also written Japanese equivalent of CV - all written by hand and it's a lot of writing! Anyway all these things are natural to those who live here but these were things I had to learn and do. I would have embarrassed myself even more if I was older and didn't know all of these. I was imagining that if I came here I would have fitted in much easier but I discovered that it was much harder and I feel like everyday I am filling in those gaps of knowledge that was missing.

I also had few good things that I experienced because we made the move to Japan. I met a recent client face to face so that I could do a further job with her. Unfortunately it didn't end up being a job but it never happened if I didn't see her here. I wish to do a job with her again in the future and many more opportunities to come while I'm in Japan.

Changing of the subject, I never really got to show you my 2018 London calendar so I thought I might mention it here. I managed to sell few on my Etsy shop and the rest was then sold at west elm Kingston store - which was a big exciting news before I left for Japan. Please see the photos above for detail.
I have illustrated 12 of my favourite places in London and greater London. If you haven't visited any of these places then I really do recommend it.

Finally, this is my wish - I thought I'll mention it so that I should make it happen. I would like to do an exhibition while i'm in Japan.

www.nozomiinoue.com

Thursday, 28 December 2017

West elm Kingston store

I wanted to write about West elm before the new year. This was one of the exciting thing that happened this year! Few of my products from my online shop is now stored and available to buy in west elm Kingston store.

West elm is an American furniture and interior store and they also have a programme called west elm LOCAL which is a programme to connect the local makers and the community together in their each store location. The artists are working locally and using locally sourced materials to make the products. I think this is a brilliant way to bring the people and artists together and make each store unique. It was my first wholesale experience and I have learnt a lot from this project.

My stocked items at the store are linocut prints of London icons, 2018 London calendar, map of London poster, set of London postcards and Thames river greeting cards.

Unfortunately I had already left UK for the store opening (which was on 8th December) but so many of my friends were sending me photos of the store with my items. Thank you so much!! And this could not have happened without the help of 2 friends who kindly helped me with the packaging and the delivery of the products to the store. Thank you so much!! xx

Although I was in the amidst of all the packing and sorting out for the move to Japan, it was worth the hustle of getting all my products ready, printed and partially packaged and doing all the product administration. I really want to see the store myself when I get back to London.







年が明けてしまう前に、今年の大きな仕事の話を上げておきたくて書いています。West elm Kingstonへの作品出店は、私にとって今年の大きなニュースのうちの一つとなりました。 オンラインショップで扱っていた商品のいくつかが、今月からキングストンにあるwest elmのお店で購入できます。

west elmはアメリカ全国で展開している、おしゃれな家具とインテリアのお店です。その中でも、west elm LOCALという地域密着型プロジェクトが行われていて、店舗ごとにその地域で活躍するアーティストの作品をお店で取り扱い、地域の皆さんを作品と繋ぐプロジェクトをやっています。アーティストはその店舗地域で活動し、作品に使う材料もその地域、または国で揃えたものを使ってのものづくりということが前提です。私は今回、イギリスでのwest elm2店舗目となる、キングストン店舗でそのプログラムに参加させていただくことになりました。お店で商品を扱ってもらうというのは、初めての経験で、今回色々と学ばせていただきました。

私は、ロンドンのライノカット版画、2018年のロンドンカレンダー、ロンドン地図のポスター、ロンドンのポストカードセットとテムズ川のグリーティングカードを取り扱っていただいています。

残念ながら、お店がオープンする12月8日にはもうイギリスを出てしまっていたのですが、友人が何人かお店に行って写真をいっぱい送ってくれました。ありがとう!そして、商品の搬入も、今回手伝ってくれた2人がいなければ叶わなかったことです。ありがとうございます。

お話が来た時は、日本への引っ越し準備中のため、家具やらものを詰めたりしつつの、商品のオーダー、追加印刷やら包装、細かい商品詳細作業など、本当に忙しい思いをしたのだけど、やってみてよかったと思っています。この機会に感謝しております。


To b. by agnès b. Premium Schedule Kit Book

2017 has only 3days left. Did you get your 2018 diary already? This year I have worked on an illustrated Paris map to go in inside the 2018 diary by To b. by agnès b. published by Takarajimasha publishing.

This was a relatively quick job not as short as some of the jobs I had to do in the past. 1 week for rough and another week to finish the final. Although I had 2 weeks I had to deal with time difference of 8 hours between UK and Japan. That meant I had to hand in the work a day early.

I really enjoyed illustrating the map. This was a job I had to think about the balance with text that goes in later on. So when I saw the final product I was really happy how illustration and the text fit nicely. I finally got to see the final product when I arrived in Japan in November.





2017年も残すことあと3日となりました。もう2018年の手帳は買いましたか?私は今年、宝島社出版のTo b. by agnès b. Premium Schedule Kit Book 2018年手帳の最後に入る、パリのイラストの地図を描く機会をいただきました。

このお仕事は2週間でラフから本イラストまで仕上げるお仕事だったのですが、その頃私はまだイギリスだったので、日本との時差9時間。ですので、実質、入稿は1日早めにしないといけませんでした。でも、この地図を描くのはとっても楽しくて、テキストも入ることも考えて、イラストと文字のバランスを考えながら描くのが少し大変でしたが、出来上がった手帳を見て嬉しくなりました。文字が入り、少し寂しかったページがとても良くなってますね。11月に日本で手帳を実際に手にできて、嬉しいです。





www.nozomiinoue.com